縄文時代から

結構な山奥の集落で、初めての人は不安になるくらい。

宮城県、川崎町本砂金「栃原」。

下の集落の、かるく倍は雪が積もります。

50人くらいの猿の群れ。イノシシ多数。カモシカ。クマ。キツネ。タヌキ。

明治の開拓村だ〜 なんて聞いてたけど、縄文時代の遺跡がかなり出ているんですよ。

もう少し行くと、オボコンベ山。今では、意味も由来も、何語なのかも分からないそうです。

気が付けば、縄文遺跡のど真ん中に畑を借り、ハウスまで建ててました。

やけに気持ちが良い場所です。

縄文時代から続く、人と自然の営みです。実際は、いつから人がいたんでしょう。

一面のホーリーバジル畑にして、アースバックハウスとかベンチも作りたいですね ☺︎

冬本番!!